Etos 株式会社えびすや

長岡造形大学(NID)とのコラボ

天然無垢材と新たなデザイン展開。

nid

Etos(株式会社えびすや)は、新たな時代のデザイン展開として、平成18年、長岡造形大学とコラボレーションを開始。
従来の業務範囲にとどまらず“より豊かで美しい生活空間の創造”に向けて様々な取り組みを行ってきました。
その一部をご紹介致します。





株式会社えびすや CIデザイン

CIデザイン

※CIデザインとは、企業の独自性を表現する視覚的に統一されたデザインのことです。

ロゴデザイン

Etos

「Etos」とは「Ebisuya Total Open System」の頭文字を取ったものです。
現在、カタログ・ホームページなど、企業活動全般において使用されています。

カタログデザイン

カタログデザイン

建具のデザインイメージを生かし、スマートでスタイリッシュなデザインに仕上げました。

車両サインデザイン計画

車両サインデザイン計画

Etos[えびすや]とえびすやの主力商品であるSOPIA[ソピア]がLingage[リンゲージ]していることを幾何学的に表現しています。
矢印の折れや反りは、まっすぐで直線的な矢印とは違い様々あ問題を抱えながら進んできた努力と英知を示しています。
また、それは複雑な変化の表現であり、図案的にはえびすやとソピアが複雑に変化した矢印によって結ばれているように見えます。
ここに使用されている矢印のデザインは、この他にもカタログやホームページなど、少しずつ形を変えながら使用されています。

ギャラリー家具デザイン

nidギャラリー1 nidギャラリー2

ギャラリーのなかに置かれている、丸と四角をベースにデザインされた二つの家具。
商品や関連書籍を並べ、閲覧してもらうための“移動する二つの空間”。
ギャラリーでは展示されるものが常に変化していくため、什器も移動させて様々な空間に対応させようというもの。
製作との話し合いを重ね、当社にて製作されました。

新デザインドアの考案

今までの無垢の建具にない、当社のオリジナルになるようなデザインの考案も行われました。
製作と話し合い、更にコラボレーションでやってきたようなデザインも取り入れつつ、案を出し合い、これからもえびすやの新デザインドアの開発は続いていきます。

お知らせ

2007年度の長岡市市勢要覧に当社と長岡造形大学の産学協同の取り組みの記事が掲載されました。
これからも、よりデザイン性に優れ、質の高い製品作りを目指します。

市勢要覧1 市勢要覧2


■ページトップへ