Etos 株式会社えびすや

秋田杉について

akita_top.jpg

秋田杉は、全国的にも有名な銘木で、日本三大美林にも数えられています。

現在、市場に出ている秋田杉は、主に2種類に分けられます。人の手で育てられた人工林から伐採された「秋田杉」と自然の中で育ってきた「天然秋田杉」です。

「秋田杉」は、間伐などを行って育てるため、成長が早く、平均生産樹齢は50年くらいと言われています。

一方で「天然秋田杉」は、自然の中で育つため成長が遅い反面、樹齢を重ねても持続的に成長し続けるため、年輪の幅が狭く、美しいとされています。「天然秋田杉」の樹齢は、200〜250年と言われています。
現在では、「天然秋田杉」は伐採量が減り、価格も高価になっています。

秋田杉の特徴

 

耐陰性が強い

秋田杉が繁茂する県内の杉林は直射日光の入らない林が多いため、このジメジメした林内のいたるところに幼稚樹が見られます。
植物の育成には天然のエネルギーである太陽の光が必要なことは当然ですが、日光の入らない原始林で成長してきた秋田杉はそれだけに強度の耐陰性を持っているといえます。

成長の持続性

akita_001.jpgほかの地方の杉に比べ幼い時代の成長は遅いですが、
老木になっても同じ程度の成長を続けます。
秋田杉ならではの木目がそろった木材が生産されるの
は成長に持続性があるためです。
そして同じ秋田杉の中でも県北の米代川流域の秋田杉
は最も質の高いものとして評価されています。


杉の質

杉の質は材色、木目、かおりが優劣を決めます。秋田杉の材色(木の中心の色、心材ともいう)は明るく澄んだ肉色が最上と言われています。
木目は細かく幅が大体そろっているものがいいとされいますが、
部分的に木目の幅が広がったり狭かったりするのが普通で、極端に細かい木目はよいとはいえません。
全体的に木目の幅が広いうえ、そろっていないものは劣等材といわれ、節が多いほど劣等度も増します。
かおりの点では鼻を突く清純爽快な感じをうけるのがいいとされています。

【秋田杉の特徴 毎日新聞社 秋田支局編 「秋田杉物語」より】

秋田杉の建具施工例

akita-sample01.jpg

格子は1枚の板を切って作ってるので板の目がそのまま見える作りに
なってます。 (格子の細い板の部分を繋げると1枚の板に見えるます。)

akita-sample02.jpg

腰板は1枚板をそのまま使うので贅沢な作りで、 見栄えも豪華になります。


■ページトップへ